2011年09月26日

山形の北京料理なら竜馬

山形市の泉町にある北京料理、竜馬。

一応カテゴリー上は定食屋に分類したのだが、ラーメン屋にしてもよかったかもとおもっている。

と言うのも私としてはここの竜馬ラーメンが好きだからである。

マーボー定食や角煮定食、鳥からなどが人気の店なのだが、竜馬ラーメンは一度は食べて欲しいものである。

角煮が麺の上にのっているのだが、とにかく肉がでかい。

そのくせ、角煮なので、とろとろなのである。

堅いチャーシューが好きな人には合わないのかも知れないが、ここの角煮はおいしい。

まぁ、まずかったら行列など出来ないのだが。

多少行列している山形の数少ないお店である。

  


Posted by あるぎにんv at 19:11Comments(0)山形の定食屋

2011年07月27日

やきそばはふなやまか?

やきそばは山形市内にある、ふなやまの焼きそばが結構いけるのではないかと考えている。

たしか正式名称は「ごはんですよ!ふなやま」だった気がする。

青海苔がふんだんにかかっている為、苦手な人は注文前に言うべきであろう。

じつはここのみせ、むかしは駅前の高架下にあった。

いまから10数年前だろうか、その時はほんとに小さな店で、数人しか座れなかった。

いまは大きくなり、人数も入れるようになったが、メニューが大きく変わってしまったのが残念である。

ゲソ天卵とじが最高だった。

ありえないぐらいにうまく、週一ぐらいで食べていた気がする。

おばちゃんにきけば、今はもうやっていないとの事で残念だ。

何年後に行っても感謝されるのだがw

、ただ何年経ってもあの感動は忘れられない。

そういった人たちが多数いるらしく、復活してくれたらと願っている。

焼きそばの話からそれたが、ゲソ天卵とじ定食だったら1~2位を争うものだったろう。

もちろん、焼きそばもうまいことにはかわりない。

PR コスプレ 衣装 通販 ドロップシッピング  


Posted by あるぎにんv at 19:46Comments(0)山形の定食屋

2011年07月19日

餃子ならほとりが一番か

餃子の王将、ホワイト餃子、ファイト餃子、等、餃子がうまい店は多々ある。

中でも私が食べた餃子の中で、中の餡の比率がすばらしいと思えたのが山形県南陽市赤湯にあるラーメンほとりである。

もちろん手作り餃子なのだが、野菜ベースの中の餡がすばらしい。

それに合うのが南蛮ラーメン。

南蛮ラーメンは勿論ちぢれふと麺だが、ここ近年は面が細めんからふと麺まで全て選べるようになった。

しょうゆラーメンは煮干ベースの昔ながらの味であり、やはりふと麺との相性は最高であると個人的には考えている。

私が頼むのは何時も決まっており、餃子と南蛮みそチャーシュー麺である。

チャーシューはじっくり漬け込んであり、チャーシュー丼でも出せば即完売しそうな勢いだが、手作りのため早々数も無いらしい。

夏場にあるつけめんも衝撃を受けたのを覚えている。

餃子、南蛮味噌チャーシュー、つけめん。これは一度味わったほうが良いだろう。

PR 小型カメラ  


Posted by あるぎにんv at 18:26Comments(0)山形のラーメン屋

2011年07月15日

新庄病院の食堂も実は隠れ名店

定食屋とはまた違うのだが、じつは新庄病院の食堂も隠れた名店なのである。

建て直し後も味は変わっていなかったが、お奨めはカツカレーと五目タンメンである。

カレーは昔給食で食べたような懐かしい味がする。カツ勿論揚げたてでさくさくおいしい。

カツにはお好みでソースをかけて食べるのだが、どっちでも合う。

五目タンメンはもちろんふと麺ちぢれ。

暑い夏は冷やしでも言えば出してくれる。

病院の食堂でこれだけ満足がいくところはここだけだろう。

PR 美白  


Posted by あるぎにんv at 13:51Comments(0)山形の定食屋

2011年07月14日

勿論赤湯の龍上海の本店は外せない

元祖辛味噌と言えば山形県南陽市にある龍上海の本店だろう。

人口は少ない町であるが、お昼時は行列ができる。

山形は全体的にラーメン屋の質が高いように感じる。

と言うのも個人的にではあるがふと麺ちぢれが好きな為、これを多く扱っているのが山形である。

と、話はずれたが、ここ龍上海もふと麺ちぢれである。

濃くのあるスープが良く麺と絡みつき、心地よいバランスとなる。

ブームに乗って便乗した辛味噌とは違い、先取りの元祖の為、他にないうまさがある。

テーブル数が少なくそんなには入れないが、待った分だけ満足できる店の一つだろう。

分店が山形市とかにもあったと思うが、やはり本店に何度も足を運んでしまうのは、ここにしかない味があるからであろう。

PR 部分痩せダイエット  


Posted by あるぎにんv at 19:01Comments(0)山形のラーメン屋

2011年07月13日

隠れた名店喜楽

知る人ぞ知る隠れた名店『喜楽』

上山市にあるお店でおばちゃんが一人でやっている。(昔はそうだったが今は知らない)

ここの天ぷらうどんは一度食べたほうが良い。

天ぷら衣は水溶き小麦粉がメインな為、さくさく系ではなくしっとり系の家庭的な天ぷらである。

驚くべきはその量であり、天ぷらだけでも料金を軽くはみ出すのではないかと言うぐらいの量である。

勿論残すのは厳禁であり、テーブルの隣にビニール袋が用意されており、必ず持ち帰ってくれと言われる。

というか、持ち帰る事が前提で出されるのだが。近所の人たちは昼に食べに来てうどんを食べ、天ぷらを持ち帰って寄るご飯のおかずにする人が多いらしい。

というか量が半端ではない。大事な事なので2回書いたが、軽く数人前はあるだろう。それでリーズナブルな値段で、多分利益なんか追求していない。

下手すれば赤字なのではないかと思うぐらいだが、自分の家を改造している為、店舗代はかからない。多分ぎりぎりだろう。

それほど凄い。味も家庭的な天ぷらで、お袋の味を思い出す。

ただ、客回転数はよくないため、出てくるまでの時間はかなり有する。これは覚悟したほうが良い。かなりだ。

それを補えるほど出てきたときのサプライズ感は大きいのだが。

PR シミ取りお手入れ化粧品  


Posted by あるぎにんv at 11:21Comments(0)山形のそば・うどん屋

2011年07月13日

鳥唐なら国味

鳥の唐揚なら国味がうまいと思う。

山形市の鳥何とかというところにある。説明すると意外とわかり難い場所ではある。近くの目印と言うものが微妙で、中心地より山形蔵王寄りと一応行っておこう。

しかしこの店、味が意外とばらばらなときがある。

めちゃくちゃうまいと感じるときもあれば、味がメッチャ薄いときもある。

はずれな日もあるがさくさく衣がとてもおいしい。

たしかハムエッグもおいしいと感じた。

量的には多く、値段との比率は満足いくものだろう。

10年程前に改築し、店もきれいに、駐車場も広くなり以前よりは不具合を感じなくなった。

昔は駐車場が酷かった(笑)

メンチカツもおいしく、ボリューム◎

定食屋では一度は行って欲しい店の一つである。


PR 小型ビデオカメラ
  


Posted by あるぎにんv at 11:06Comments(0)山形の定食屋

2011年07月12日

外せないのは大の目のゲソ天みそラーメン

私が食べた山形のラーメン屋ではまず外せないのが大の目温泉にある有頂天のゲソ天みそラーメン。

場所はビックウィングのまん前。

お昼時は行列ができる山形では数少ない店の一つではないでしょうか。

ゲソ天は通常はラーメンの上だが、小皿にきって出してくれ、食べやすくもしてくれる。

麺はちぢれ太麺。

こってり系ではあるが、魚系のあっさしたコクも後味に残る。

満足度は山形ではトップレベルと言っては過言ではないかもしれません。

駅からは遠く、交通の便は不便だが、機会があったら食べてみて欲しい一品である。

個人的には辛みそがベスト。  


Posted by あるぎにんv at 19:50Comments(0)山形のラーメン屋